「エシカル✕フェアトレード」かごバッグのスルシィ

Jo Ann(ジョ アン)

主人を病気で亡くし、7人の子ども(双子もいます)を育てています。姉のTataがスルシィでバッグを作ってお金を得ているのを見て、私もスルシィで働き始めました。編むことが好きだし(お料理も好きです)、 スルシィで働く事は自分に合っていると思っています。仕事をしている間は母が子供たちの面倒を見てくれているので助かっています。こうして仕事を得て子供たちを育てられることに感謝しています。